購入数

広大なカムチャッカの海で獲れる深紅の身色

食塩のみで加工する新巻鮭だから、原料は厳選したものを・・・
新巻鮭の原料となる紅鮭はカムチャッカ半島付近のロシア海域で漁獲された100%天然物です。

カムチャッカ半島は、北海道から北東部に位置し、30万人ほどの人が住むにも関わらず、ほとんど手つかずの自然が残る地域
その周辺は、多くのプランクトンに恵まれ、荒波が襲う環境であり、鮭にとっては厳しい環境ではありますが、それだけ良好な鮭が獲れる地域なのです。

カムチャッカ風景

例年6月から、カムチャッカ半島の東側(東カムチャッカ)より漁期がスタートします。

この東カムチャッカの6月中に漁獲された紅鮭が新巻鮭の原料になります。

漁獲時期が遅くなるほど、鮭の産卵期に近づくため身の品質が低下します。そのためできるだけ早い時期に漁獲された、若い鮭を原料としています。

漁獲後すぐに、下処理を行い検品作業を行います。
鮭全体の傷がないか、鰓の状態、身の状態等々を検品し、基準に達したものを凍結し、鮮度を保った状態で北海道根室へ搬送されます。

北海道に搬送後も再度検品を行った上で塩蔵加工を行っています。

伝統的な技法にのっとり新巻鮭に

鮭の塩蔵方法の一つである「山漬け」
山漬とは、魚を山のように積み上げ、上下を入れ替えながら数日かけて塩漬けにする北海道の伝統的な製法です。

山漬けの様子

この製法は冷凍・冷蔵技術が未熟だった時代に鮭の保存性を上げるためのものでしたが、保存性だけでなく鮭の旨味を上げる効果もあることが分かっています。

保存性を重視した時代の塩鮭は塩辛いものでしたが、技術が向上した現在では、保存性よりも「美味しさ」や「減塩」傾向にあります。

その時代の志向に合わせ塩加減や熟成時間等を、熟練の職人が試行錯誤して作り上げたのが、甘塩仕立ての新巻紅鮭です。

また、黒門三平のある大阪では、本来の新巻鮭である秋鮭よりも「紅鮭」が好まれます。
秋鮭に比べ脂乗りがよく、旨味がある事、何よりその鮮やかな赤い身色が派手好きな大阪の気質に合っていたのかもしれません。
そのため、黒門三平の扱う新巻鮭は「紅鮭」なのです。

塩蔵加工後は、食べやすい切り身の状態にし、全体を4つに分けて包装。さらに姿の形に戻して全体を真空包装しています。
化粧箱を開けた時、尾頭付きの姿切りの状態になるように、また家庭用冷凍でも保管しやすいように小分けできるように包装しています。


化粧箱を開けた時、尾頭付きの姿切りの状態になるように、また家庭用冷凍でも保管しやすいように小分けできるように包装しています。

紅鮭姿切りは4つに分けて包装しています

お召し上がり方

まずは、塩鮭のおいしさが一番よくわかる「焼鮭」にしてお召し上がりください。

紅鮭は冷蔵庫に入れてゆっくりと自然解凍してください。

切り身の芯まで溶けていることを確認していただき、あらかじめ温めておいた魚焼きグリルに切り身を入れます。

中火でじっくりと焼き上げてください。お好みで大根おろしや、ゆず等を添えてお召し上がりください。

※強火で焼くと、せっかくの鮭のうま味が抜けて今いますのでご注意ください。
※解凍後の再凍結は、鮭の品質を落としてしまいますので、お控えください。
※解凍後は、冷蔵庫にて保存いただきできるだけ早くお召し上がりください。

商品詳細

  • 商品名:新巻紅鮭姿切 1900g
  • 内容量:紅鮭1尾 1900g
  • 原料原産地:ロシア
  • 特定原材料など:さけ
  • 保存方法:要冷凍(-18℃以下で保存)
  • 賞味・消費期限:冷凍(-18℃以下)にて60日
    解凍後は冷蔵庫にて保存の上、お早めにお召し上がり下さい。
  • 加工地:北海道(根室)